蠅気らホームサービス

株式会社さくらホームサービスのサイト更新情報です。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
twitter
facebook
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | -
    固定資産税の過徴収について
    0
       

      2015年になりまして早くも1ヶ月が経過しました。

      私も去年の11月で40歳になり月日が以前よりもかなり早く経ってしまうように

      感じます。

      歳を取ると一日が経つのを早く感じるのは今まで生きてきた時間分の

      一日だからだそうです。10歳の子供が感じる一日は1/10年ですが40歳の僕

      は1/40年になってしまうからという話を聞いた事があります。

      一日一日を無駄にしないためにも日々学習していく事を心がけて毎日を

      過ごすようにしていますがなかなかサボり癖も治りません・・・


      最近の記事で気になった事は固定資産税についてです。

      固定資産税は都市計画税と合わせて毎年不動産を所有していましたら

      市町村から納付書が送られてきます。税額は固定資産税評価額から一定の

      税率を掛けて徴収されます。毎年ほぼ同じ額ですが建物は評価が年々減って

      きますので安くなっていきます。また固定資産税の減税もあり住宅が建っている

      土地は自動的に減税になってたりします。土地の上に建物を建てた時、登記

      するかしないか、また用途を登記簿と異なった使い方をしても現況主義なので

      自動的に課税されます。基準は1月1日の状態です。1月1日に建物が建築中

      であればその年は土地のみの税金しかきません。

      不動産を所有している限り評価が極端に少ない不動産を所有している場合を

      除き決して免れない税金ですが割とこの税金自体が過徴収されている場合が

      あるらしいです。

      原因は役所が課税額の計算を誤るケースですが、公表まで本人が知らない

      ケースが多いとの事。もし課税額の計算が間違っていて何年もの間通常より

      多くの税金を支払ってしまい、それに気付いたとしも払いすぎた税金を戻して

      もらえるのも5年前までです。地方税法の時効は5年と定められてますので

      それ以上の還付は受けれません。

      この固定資産税の過徴収は全国ほとんどの自治体で起きている事らしい

      です。もしかすると自分の不動産の税金が通常よりも高く払ってしまって

      いる場合がありますので気になる時は役所に問い合わせをすれば

      税額の根拠を教えてもらえます。


      ほぼ毎日更新している奈良不動産物件リフォーム情報のサイトでは、

      橿原市駅別物件検索ページが見にくいため町別で検索可能な橿原市

      町別物件検索
      ページを作成し、各ページへリンクを貼っていってます。

      | - | 00:07 | - | trackbacks(0) | - | -
      消費税10%について
      0
         

        橿原青年会議所の活動がかなりの時間を占めており、なかなか投稿ができません

        でしたがなんとか今年も終わりに近づき卒業に向けて着々と準備中となり少し

        ずつ時間が取れてきました。これからは投稿やサイト更新も増えそうです。


        気が付けば8月以降投稿してない状況。奈良県不動産物件・リフォーム情報

        毎日少しずつ見やすく更新を繰り返していますが中々全体的な変更には至って

        おりません。今後はよりスピードアップしていく予定です。


        さて最近消費税が8%になったばかりでやはり色々なモノが高くなったな〜と

        実感しているのもつかの間、さらに来年には10%になる議論がスタート

        しています。世論調査によりますと時期が早いと感じる人が、10%に上がるのが

        妥当と思う人よりも上回っているのになぜ10%へ議論が進むのでしょうか。


        自分で買い物をする時にも8%の重みを感じますが建築やリフォームについて

        お客様にご提案する時にびっくりする時があります。1000万円のリフォーム

        でも消費税は80万円にもなってしまいます。これはかなりの額ですね。


        不動産売買はと言いますと実は現段階では個人が今で住んでいた家を売却に

        出し、個人が住むために家を購入する場合は物件自体の価格に消費税は

        課税されません。住宅物件で消費税が課税されるのは売主が不動産業者

        や建売業者である時です。また土地には消費税が課税されませんので

        売主が業者であっても非課税です。売主が業者でかつ物件が中古物件や

        新築物件のみ課税されますが土地は非課税ですので物件価格の内

        建物の対価部分についてのみ課税されます。

        さてこれから10%になる時期を注視していかないといけませんが、既に

        建っている物件なら購入時期の消費税率で確定しますが、これから

        家を建てる場合は引き渡し時期により決定するようです。

        もし請負契約は8%の時期にしましたが完成引き渡しの時には10%になって

        いた場合は10%の適用を受ける可能性があります。

        ただし増税される日から6ヶ月前の前日までに請負契約を済ませていれば

        引き渡し日が増税後であっても8%が適用されます。その点を考慮すれば

        仮に来年の10月に10%になるとなれば10月を超える引き渡しの場合の

        8%請負契約の期限は3月になります。注意が必要ですが、通常30坪前後

        の住宅であれば着工から3ヶ月程度で完成しますので引き渡しを10月までに

        終わらせれば3月以降の請負契約でも大丈夫ですね。

        | - | 23:15 | - | trackbacks(0) | - | -
        地震保険が7月から値上げされます
        0
           

          橿原青年会議所のわんぱく相撲がやっと終了し、当日までの数日間はほぼ毎日

          夜の時間が取られていましたが、先日やっと無事終了しましたのでサイトの

          更新ができるようになりました。

          あっと言う間に今年も半分が経過していこうとしています。

          何か結果を残さなければと日々奮闘しています。



          気になる記事を見つけました。

          地震保険が今年の7月から上がる予定のようです。

          東日本大震災を経験し、地震への考え方が以前と変わる事により今まで

          考えられていたよりもリスクが上がったためと考えられます。

          具体的には地震保険の始期が平成26年7月1日以降の契約から値上がり

          になるようです。

          地震保険は最長5年一括で加入できますが火災保険自体は35年一括での

          加入も可能です。今年までに5年一括で地震保険に入っている方は期間が

          終わるまでは値上がりはないですが次の更新の時には新料金が適用され

          ます。1年更新をされている方は7月以降で値上がりしますので

          新料金が適用されます。


          地震保険は地域によって料率が異なりますので全体で見ると今回で

          値下げの地域もあります。地震に対する研究の結果よりリスクの

          高い地域は値上げし、リスクの少ない地域は

          値下げをしているようです。

          また将来的にさらに地震のリスクが増えると値上げになる可能性も

          あるので注意が必要です。

          奈良県橿原市不動産物件・リフォームサイトでは今回はTOPページ

          の写真とレイアウトを変更しました。
          | - | 00:15 | - | trackbacks(0) | - | -
          マンションの共用部分忘れがちな地震保険
          0



            やっとPTA会長の大役が終わりました。

            この一年間自分でも勉強できた一年だったと思います。

            仕事や仲間では知り得ない方々と交流できた事が自分にもプラスになった

            要因だと思います。お子様のお持ちの親御さんももしPTAをされる機会があれば

            できれば体験してみてはどうでしょうか。色々な事を体験でき、考え方も

            変わり決してマイナスにはならないと思います。

            最近みつけた新聞記事で読売新聞で掲載されていた記事が目に留まりました。

            住宅を購入すれば火災保険への加入が勧められます。

            火災保険の原則で隣家からの類焼でも自分の火災保険を使わないといけ

            ませんので入った方が良いです。

            毎月や年払いよりは一括払いの方がお得です。マンションの場合も各戸で

            加入されますが一戸建てよりはかなり安く加入する事ができます。


            しかしマンションの場合考え方として専有部分と共用部分があります。

            専有部分は購入した自分で自由に使用できる部分です。反対に共用部分は

            階段やエレベーター、集会所やエントランスといった自分も使いますが皆さんも

            使ういわゆるみんなのものです。

            自分で加入する火災保険は専有部分になり共用部分ではありません。もし万が一

            地震が起こりマンション全体にダメージがあった場合、専有部分でかつ火災保険と

            共に地震保険に加入している場合は保険で賄われますが共用部分は賄われ

            ません。ですので共用部分でも地震保険が必要になります。これは割と

            見落とされがちなようです。共用部分で地震保険に加入するとなると一般的に

            管理組合で入る事になり、管理組合で加入するには総会決議で組合員である

            マンションの所有権を持っている方々の同意が必要になります。

            もし地震が起こって地震保険に加入していなければ共用部分の修繕は

            積立られている積立金から出されます。積立金は修繕計画に基づいて

            積み立てられていますので突発的に起こった事に使ってしまうと計画に変更が

            強いられる可能性があります。もし加入していないマンションであれば

            一度検討する必要があると思います。


            奈良県不動産、リフォーム情報では、今回は奈良の和風新築施工例を追加しました。

            また色々な方から指摘を受けているTOPページのレイアウトを悪戦苦闘

            しながら変更しています。まだ完成しておりません。

            | - | 00:46 | - | trackbacks(0) | - | -
            住宅ローン控除が拡大されました。
            0
               

              年が明けてあっという間に5月に入り、またあっという間にゴールデンウィークが

              終了しました。今年は暦ではとびとびの休みになったため、またガソリンの高騰

              のため近場で済まされた方も多いのではないでしょうか。

              幸い晴れが多かったので外で遊ぶには楽しめたと思います。


              こちらの写真は数年前に天理にある神社に桜を見にいった時のものです。


              さて消費税が8%に増税されました。今いろんな物を買うと増税前より損と

              思われている方も多いと思いますが、そうではないケースもあります。

              増税に伴い、それに合わせて減税幅も増えた項目もあります。

              その一つが住宅ローン減税です。まず上限が今までは一般住宅で

              2000万円でしたが4000万円に引き上げされました。また長期優良住宅や

              低炭素住宅でも3000万円から5000万円に上がっています。

              当然消費税増税後に購入し住宅ローンを組まれた方が対象になります。

              この上限の範囲内で住宅ローンの年末借入残高の1%を向こう10年間

              所得税から控除されます。

              現金で購入された方はもちろんこちらの住宅ローン減税が受けられません。

              また購入した物件すべてに住宅ローン控除が受けられるという訳では

              ありません。築年数や購入した物件の大きさなども条件に入っていますので

              住宅ローン控除をお考えの場合は購入予定の物件が当てはまるかどうか

              確認が必要です。


              奈良県不動産リフォームサイトではマンションリフォームの全ページに

              表示による構成のバラつきを修正しました。



              | - | 00:18 | - | trackbacks(0) | - | -
              印紙税が変わっています
              0
                この頃から車が好きです。なぜ男の子は車が好きなのでしょうか。 遺伝なのでしょうか。現在この下に女の子がいますがまったく車に 興味を持ちません。 消費税の増税で8%になってからまだ1ヶ月も経っていませんが、 新聞やテレビではあまり影響はないような報道になっていますが、 個人的にはやはり色々なものが高くなったなという気がします。 まだ不動産市場はあまり動いていないような気がします。 不動産は土地や中古物件を個人の売主から購入する場合は 不動産に消費税は課税されません。その点ではあまり 影響がないような気がします。 しかし、不動産はすべての市場につながっていると言われる 通り家を買うとそれに付随して、電化製品や物入れ、カーテン など色々な物を買う必要がでます。その色々なものに消費税 が課税されますのでやはりその点では増税前に不動産を購入 しておこうという動きがあったのではないかと思います。 ゴールデンウィーク明けまではこの状況は続きそうです。 奈良県不動産リフォーム情報では、次回配布される新聞 折込広告をUPしました。 また消費税増税に伴い減税策もありその中で印紙税が 一部変更になっています。大きいのは3万円以上の領収証 に印紙が必要でしたが今では5万円になっている事です。 先日もうっかり貼ってしまいそうになりました。
                | - | 00:59 | - | trackbacks(0) | - | -
                今はケンカばかりしていますが
                0
                   

                  みなさんこんにちは、昨年は幼稚園のPTA会長をクジで引いてしまいました。

                  どんな形であれ会長になったからには他のみなさんに迷惑はかけれないので

                  できるかぎり、可能な限り協力してきました。

                  今月の総会により無事すべての行事が終了し、会長を退任させて頂きました。

                  結果としてみなさんの足を引っ張ってなかったか心配ですが、私としては

                  よい経験をさせて頂いたと思います。

                  会長をさせて頂くにあたり、また橿原青年会議所の活動にも時間がとられ

                  なかなかホームページの更新が進みませんでした。

                  今年はPTAの役はなくなりましたが橿原青年会議所が最終年度になるため

                  副委員長やら奈良ブロック出向、近畿地区出向と浴ばってしまったばっかり

                  にすでにかなりの時間がとられています。

                  しかし時間がとられてホームページの更新ができないという事態は

                  いいかげんに改善しないといけませんのでこれからはできるだけ毎日

                  更新をしていくようにします。

                  奈良県不動産リフォーム情報では、新規物件は随時掲載しておりますが

                  掲載可能なリフォーム情報等まだまだありますのでできるだけ早く

                  掲載していくようにします。

                  今後ともよろしくお願いいたします。

                  またみなさんから見にくいと指摘されていましたTOPページ

                  背景を変更致しました。
                  | - | 23:00 | - | trackbacks(0) | - | -
                  消費税増税に伴う不動産関連の減税拡充
                  0
                     

                    抜本的なサイトの内部変更を随時行っておりますが、なかなか完了まで

                    時間がかかり気が付けば3ヶ月が経過しています。がまだ終了していません。


                    この数ヶ月で安倍内閣は当初予想されてた通り来年4月より消費税を8%

                    に引き上げる事を決定しました。

                    駆け込み需要が予想され、首都圏では東京オリンピック決定も重なって

                    マンションの売れ行きが好調のようです。

                    住宅業界で怖いのが駆け込み需要が終わった後、増税後にその反動で

                    需要が落ち込む事です。そこで政府は住宅需要を平準化するための

                    一つに住宅ローン減税の拡充挙げています。住宅ローン減税は現在も

                    ある制度で年末のローン借り入れ残高の1%を所得税から控除される

                    制度で、所得税だけでは控除しきれない部分は翌年の住民税からも一定額

                    まで控除可能です。この制度が2017年まで延長される事が現在決定

                    しているようです。また控除対象が現在ではローン残高が2000万円まで

                    でしたが将来8%の消費税が10%になった場合は4000万円まで引き上げ

                    られる措置が用意されているとの事、さらに8%が適用された際の

                    年間最大控除が20万円から40万円に、10年間で最大200万円まで

                    だったものが400万円まで引き上げの予定です。その他いろいろな

                    駆け込み需要後をにらんだ需要平準化策が設けられていますので

                    消費税があがる前に必ず買わないと損!と思っておられる方、

                    あながちそうでもないかも知れません。

                    奈良県不動産販売、リフォームサイトでは現在もサイト内不具合を

                    修正中です。見た目にはあまり変わりませんが、修正が終わり次第

                    新しいコンテンツを増やしていく予定です。
                    | - | 23:29 | - | trackbacks(0) | - | -
                    各ページの詳細修正中
                    0
                       

                      最近風が強い日が続きます。たまにすごい雨が降ったりもし、蒸し暑く

                      体調を崩しやすい日が多いです。みなさんお身体にはくれぐれも気を付けて

                      下さい。

                      このジメジメした梅雨も今週で終わりそうな事をニュースで言っていました。

                      来週から晴れた日が続きこれまたスーツでは過ごしにくい日が続くようです。

                      これからがんばって夏を乗り切っていきましょう。

                      さて、この前の新聞記事に福井県では将来原子力発電所で事故が起きた際の

                      住民の避難先の候補の一つとして奈良県を想定し、協議が始まったとの事

                      です。福井県は奈良県の他に兵庫、石川の3県を候補として想定している

                      ようです。

                      お互い協力する事が大切ですね。

                      奈良県不動産リフォームサイトでは現在SEO対策に取り掛かっています。

                      非常にわかりにくい詳細な変更を行っております。
                      | - | 00:26 | - | trackbacks(0) | - | -
                      景気動向指数6ヶ月連続増加
                      0
                         

                        景気も立ってますが彼は立ったまま寝てます。

                        何故かカックンになりませんでした。足腰強いのかも知れません。


                        最近夜がちょうどいい涼しさです。心地よい風が吹き、蚊もまだ少なく、今年の

                        梅雨は雨も少ないのでジメジメせず過ごしやすいです。今週末ぐらいで田植え

                        が一斉にはじまりそうなのでこれからはホタルが見れてますね。


                        さて先月の5月は帝国データバンクが毎月実施している景気動向調査により

                        ますと全体景気の動向は6ヶ月連続増加で前月を上回る結果だったらしい

                        です。月間を通じての円安、株高傾向(今は激しく乱高下していますが)、

                        昨年度の補正予算本格化や連休中の旅行効果もあったようです。


                        不動産景気を見てみますとこちらも前月より増加でテナント空室率が低下し

                        消費税増税前の駆け込み需要などが一服しており、大都市を含め地方でも

                        改善する地域が増えているようです。


                        奈良の我々が動いている地域では問い合わせ件数が増えている感はありま

                        すが地価が上がっているような実感はまだないように思われます。

                        消費税増税前による不動産購入についても一服感が出ています。消費税

                        が増税すれば数十万から数百万の価格差が出る可能性があるだけに

                        今が買い時と感じている方は多いと思います。しかし前回消費税が上がった

                        1997年には増税後に需要が激減し増税分以上に価格が下がり

                        マンションの販売価格が400万円以上下がったところもありました。

                        はたして今回もそうなるかは疑問ですがよく考えた方が良いかも

                        知れません。

                        奈良県不動産、リフォームサイトでは相互リンクのページを修正した他

                        サブドメインのページ分割を行いました。

                        下落した
                        | - | 00:46 | - | trackbacks(0) | - | -
                        このページの先頭へ